産後の抜け毛


産後の抜け毛について

子育てにも落ち着き始めた頃、急にやってきた出産後の抜け毛に驚く人も多いかと思います。


フケやかゆみ、白髪など何らかのヘアトラブルを抱えている女性が多いですが、特に悩みの深いのが抜け毛。
妊娠・出産を経験した女性の、約半数がなんらかのヘアトラブルを体験した事があるのではないでしょうか。


産後の抜け毛は、女性ホルモンの変化が原因と言われています。
しかし、産後の抜け毛は髪の毛が抜け落ちているのではなく、髪の毛の状態が元に戻ろうとして起こる症状なのです。


妊娠期間中は、エストロゲンというの女性ホルモンが活発に働き続けます。
このエストロゲンには、毛髪を成長させる役目を持っているのが特徴で、妊娠期間中に抜けるはずの髪の毛が成長し続け、 その後、無事赤ちゃんを出産した後、産後の1~3ヶ月程度の期間でエストロゲンの働きが妊娠前の状態に戻ります。


妊娠中活発に働き続けたエストロゲンが妊娠前の状態に戻るとことで、毛髪の成長も妊娠前の状態に戻っていきます。そのため、これまで頭皮にしがみついていた髪の毛が、一気に抜け落ちる事で 出産後の抜け毛となるのです。


抜け毛の量には個人差がありますが、ばあいによっては本当に驚くくらい抜けることがあるようです。

この症状は、出産後3ヶ月~6ヶ月くらいの間に急激に増える傾向があり、殆どの女性が経験しているのではないでしょうか。
ちなみに、抜け毛の期間は6ヶ月~1年くらいで自然に治まってきますので、心配せずに待つ、というのが最善策でしょう。


出産後しばらく経っても、改善の兆しが見られず、抜け毛が増え続ける場合は、ホルモンの変化によるものではなく、別の原因があると疑う必要もあります。
特に、出産後は育児疲れやストレスがたまりやすい環境にああります。


それらが原因で脱毛症を引き起こすことも多くありますので、ストレスや疲れを解消しないと根本的な解決にはなりません。

その場合は、生活の改善などを積極的に行っていく必要があります。

女性育毛navi

女性薄毛・抜け毛navi

女性頭皮トラブルnavi

女性用の育毛剤ランキング